行動指針

  • 情熱は、不可能を可能にするエネルギー。
    人を動かしたり、新しい知恵を生み出せたりできるのは、情熱以外にない。
    “ものさし”となるものは、『スピード感』と『継続性』

  • 自分が満足できるものを得たければ、
    人の役に立ち、人から感謝され、人を幸せな気持ちにさせることだ。
    基本の“ものさし”は、『笑顔』、『挨拶』、『大きな声』

  • 世の中のことは大抵、思い通りにならない。
    それでも、粘り強く、物事をやり続けられる人にだけ、
    成功を手にするための機会が訪れる。
    “ものさし”は『言い訳をしない』、『原因を常に自分に置く』

  • 思っているだけでは何も始まらない。
    やってみて初めてものの良し悪しがわかる。
    “ものさし”は『失敗の数』(=チャレンジの数)

  • 誰に対しても誠実であること。単に嘘をつかない、約束を守るということだけでなく、人を選ばず、相手と向き合い、人間性を尊重しながら、時にはそれが、相手にとって耳障りになるようなことであっても、思っていることを伝えられるようになること。それができるのは、何よりもその人のことを思っているということだから。

  • “おもてなし”=“裏表のない”心で応対する。
    お客様にとって想定内のことはサービスでしかなく、
    お客様の期待をいい意味で裏切るような気遣いこそが
    “おもてなし”
    見返りを求めず、相手を敬い丁寧に接すること。

  • 状態がいい時、うまくいっている時は“おかげさま”
    反対に悪い結果、うまくいかない時は、自分に原因があると捉える姿勢。

  • 会社や社会は、人と人とのつながりで成り立っている。自分に対しても、人に対しても、常にどんなことでも“ありがとう”を伝える。独力で成し遂げられることは少なく、目には見えなくても、誰かの支えがあってのことと捉え、“おかげさまで”を口にする。独りの成功より、チームの成功を優先する。

社内のコミュニケーション

新卒採用

2020年入社の新卒採用の募集を開始しています

新卒採用エントリーはこちら >

中途採用

優秀な中途社員の方を随時募集しています

中途採用エントリーはこちら >